私が作りました~きめこみパッチワーク里の花シリーズ~

特集

今回は「きめこみ里の花シリーズ」を企画担当した渋谷さんに、商品を企画するうえで苦労した点や、こだわった点など色々とおききしました。
丸窓が印象的なこのシリーズはどのように生まれたのでしょうか?

里の花シリーズを担当させていただいている渋谷です。

第2弾は山梨県忍野村の春。暖かい日差しに桜が咲き誇る絵柄です。

里の花シリーズは「円窓からのぞいた先に広がる原風景」をコンセプトに四季を楽しんでいただけるシリーズ展開を考えています。

「桜と忍野村」を企画している当初、緑の部分を落ち着いた色の布で表現していました。

指摘を受けた企画段階の絵柄

社内で検討する中で「少し春らしさに欠ける」との指摘をうけ、いくつか布合わせをして、春を感じられる明るい色味にたどり着くことができました。
きめこむ際はぜひ「春の新緑」を感じてみてください。

感じてほしいのは「季節感」

更に、商品を作る上で楽しんでいただきたいのは「季節を感じて欲しい」ということです。
というのも、きめこむ順番にもこだわっていて、まず先に風景部分を、後からお花をきめこむようになっています。
最後に桜が咲く喜びを感じてもらいたい」そんな思いでこの順番にしました。

「季節ごとの空気」を感じてもらえるような絵柄が揃っていますので、ぜひ手作りを通して楽しんでもらえると嬉しいです。

さくらちゃん

さくらちゃん

さくらほりきりのキャラクター『さくら』です♪ キットを作った感想や日常のお話、イラストや絵手紙、飾っているお写真など、皆様のお便りをお待ちしています!

関連記事

TOP