受付時間 9:00〜17:00
受付時間 9:00〜17:00
COPYRIGHT © SAKURAHORIKIRI CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

衝立・薫風童と兜引き

商品番号 4142915
¥ 2,970 税込
若武者らしい爽やかな色のお着物。金襴、ちりめん生地を使用した品のある童と兜引きの衝立です。
商品番号
製作目安
3時間~
サイズ
約縦23.5m×横20cm
備考
※木製の衝立は完成済み
シェアする
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

和紙柄/布柄
Designs

おすすめ商品

前へ

目打ち

¥ 242 税込
次へ

このキットを作るのに必要な道具
Tools

セット内容
Set Contents

説明書、衝立、布、ウレタン付きボール紙、小物

おすすめポイント
Point

  • お部屋に飾ってインテリアとしてもお楽しみいただけます。端午の節句の際は脇飾りとして飾っても素敵です。

  • 西陣織の豪華な金襴布や国産のちりめん布をふんだんに使用しております。

  • 衝立は鏡面加工(ピアノ塗装)が施されているので光沢があり絵柄をより引き立たせてくれます。また国産木製でこだわっています。

  • お顔は点線内に貼ってくるめばちゃんと中心に来るようになっているので安心してお作りいただけます。

温もり溢れる手づくりの端午の節句飾り

健やかに元気いっぱい育ってほしいと願い、祝う端午の節句。大切な人だからこそ、相手を思い 手づくりの節句飾りを贈りませんか?五月人形の脇飾りとして飾るのにもおすすめです。

お着物には高級織物「西陣織金襴」生地を使用

木瓜紋(もっこうもん)に宝尽くし
子孫繁栄の願いが込められた縁起の良い意味が込められています。

「西陣織金襴」は厚みのある生地なので、ちりめん生地などに比べてボンドのつきが弱くなります。ボンドのつきをよくするためにさくらほりきりでは生地の裏に「薄い紙貼り加工」を施しております。

金襴布をくるむコツ

金襴布は、厚手の生地なので、布押絵用強力ボンドを使用してください。またパーツをくるむ際はしっかりと押さえながら作ります。

アイロンを低温であてるとボンドのつきがよくなります。

レビュー
Review

作り方
How to make

【用意する道具】
はさみ、セロテープ、ボンドタッチ、布押絵用強力ボンド、目打ち、鉛筆、ようじ
  • 型抜きパーツのボール紙に、説明書の通りに記号と斜線を書き写します。
  • 型抜きパーツを部品ごとに外し、指定の布の裏に貼ります。
  • 貼った型抜きパーツのまわりの布を、のりしろとして5mm程大きく切り取ります。
  • 布ののりしろにボンドをつけて、パーツをくるみます。(斜線部分はくるまずに残します)
  • くるまず残した部分の布にボンドをつけて、実物大図の上でパーツを貼り重ねます。
ページの先頭へ