受付時間 9:00〜17:00
受付時間 9:00〜17:00
COPYRIGHT © SAKURAHORIKIRI CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

特大・金襴の赤富士雄渾兜(絵柄のみ)

商品番号 5349360
¥ 4,312 税込
金襴の赤富士雄渾兜(ゆうこんかぶと)。
災厄から免れるという意味の赤富士に、困難から身を守り困難に打ち勝つ兜。縁起物のインテリアとして飾っていただけます。
商品番号
製作目安
7時間~
サイズ
縦42.1×横29.9cm
備考
シェアする
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

和紙柄/布柄
Designs

おすすめ商品

前へ

目打ち

¥ 242 税込
次へ

このキットを作るのに必要な道具
Tools

セット内容
Set Contents

説明書、型抜き済みボード、裏板(茶色)、型紙、布、小物、フェルト芯

おすすめポイント
Point

  • 省スペースで飾れるコンパクトな兜飾りです。置く場所に困らないので贈り物にも喜ばれます。※額はついていません

  • 額付きの場合、立体感のある豪華な額装になるので、節句祝いにも最適な額です。

  • 房紐はあらかじめ結んだ状態でセットされているので、ボンドで貼るだけで見本通りに出来上がります。

  • 保管する際は、スペースを取らずにコンパクトに収納することができます。

温もり溢れる手づくりの端午の節句飾りを

健やかに元気いっぱい育ってほしいと願い、祝う端午の節句。
鎧や兜飾りは「内飾り」といい、男の子の健やかな成長を願って飾ります。
大切な人だからこそ、相手を思い手づくりの節句飾りを贈りませんか?

『西陣織金襴』生地

「西陣織金襴」生地とは、高級織物の名産地、京都・西陣で織り継がれている伝統的な織物の名称で、糸に金箔を巻きつけた金糸や、金箔を織り込み紋様を表した紋織物のことを言います。丹精込めて織った金糸の放つ艶やかさ、華やかさから、日本の伝統的な節句人形のお着物にも多く用いられています。そんな本格的な高級「西陣織金襴」生地を使用しております。

主に使用している金襴生地

蜀江文様(しょっこうもんよう)
中国の「蜀江錦」に由来しています。八角形と四角形をつないだ中に唐花などのいろいろな文様が織り出されていることから四方八方から幸運を招くと言われています。

七宝文様(しっぽうもんよう)
【子孫繁栄や人の縁】といった円満を願う縁起の良い吉祥文様

紗綾形文様に花唐草模様
紗綾形、花唐草どちらにも【家の繁栄や長寿】を願う縁起のいい文様と模様

● 製作ワンポイント ●

金襴布は生地が厚いので、他の布よりも少し力が必要です。目打ちを立てずに寝かせながらやさしくミゾに押し込みます。

モチーフにこめられた思い

富士山に朝日を浴びて赤く染まる赤富士の姿はめったに見ることが出来ないことから、縁起が良く「災厄から免れる」や「商売繁盛」といった願いが込められています。

兜をかぶる時の紐を「忍び緒(しのびお)」といいます。この忍び緒は代表的な総角結びで「財宝や幸福などが入ってくるように」との願いがこめられています。

レビュー
Review

作り方
How to make

【用意する道具】
はさみ、目打ち、ボンド、ホチキス
  • 型抜き済みボードの裏面全体に薄くボンドを塗り、裏板に貼りつけます。
  • 型抜き済みボードのミゾを、目打ちですべてなぞります。
  • 指定の布に型紙シールを貼り、実線で切ります。
  • 型紙シールを布からはがし、指定の型抜き済みボードに布をきめこんでいきます。
  • 指定の場所にはフェルト芯を入れて布をきめこみます。すべてきめこみ終わったらパーツをつけます。
ページの先頭へ