受付時間 9:00〜17:00
受付時間 9:00〜17:00
COPYRIGHT © SAKURAHORIKIRI CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 数量限定

きめこみ特大・金襴の英姿白虎(幅広額)

商品番号 5345301
¥ 6,050 税込
2022年[寅年]えとシリーズ
金襴の英姿白虎(えいしびゃっこ)
勇ましくてかっこいい白虎が今にも飛び出してきそうな迫力のある絵柄です。作り応えもあり、仕上がりも豪華なので贈り物や作品展など様々なシーンでご利用いただけます。
商品番号
製作目安
8時間~
サイズ
縦49.5×横37cm
額重量/約850g
備考
シェアする
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

和紙柄/布柄
Designs

おすすめ商品

前へ

目打ち

¥ 242 税込
次へ

このキットを作るのに必要な道具
Tools

セット内容
Set Contents

説明書、型抜き済みボード、裏板(茶色)、カラー見本、型紙、布、小物、フェルト芯、額、透明アクリル板、額ひも

おすすめポイント
Point

  • 存在感のある虎をお部屋に飾ってえと飾りとしてご利用いただけます。虎は金運の象徴とも言われているので福を招いてくれます。

  • 虎の目の部分には金の抜き布を使用し、リアルな瞳を表現します。迫力のある虎の表情にもこだわっています。

  • 寅部分には白糸の艶と金糸の輝きが美しい金襴布と毛並みを表現したちりめん布を使用しています。寅の模様が金色なので、とても豪華な仕上がりになります。

  • 2枚の布で岩の陰影を表現します。立体感のある岩が作品の完成度を高めます。

健やかで平穏な一年への願いを込めて…

「千里を行って千里を帰る」という虎。
その力強さや威厳ある姿から、厄を祓い家運隆盛を招く縁起物とされます。
また、子供への愛情深さから、親子の絆の象徴でもあります。

『西陣織金襴』生地

「西陣織金襴」生地とは、高級織物の名産地、京都・西陣で織り継がれている伝統的な織物の名称で、糸に金箔を巻きつけた金糸や、金箔を織り込み紋様を表した紋織物のことを言います。
丹精込めて織った金糸の放つ艶やかさ、華やかさから、日本の伝統的な節句人形のお着物にも多く用いられています。
そんな本格的な高級「西陣織金襴」生地を寅全体に贅沢に使用しております。

● 製作ワンポイント ●

金襴布は生地が厚いので、他の布よりも少し力が必要です。目打ちを立てずに寝かせながらやさしくミゾに押し込みます。

◆◇ モチーフにこめられた思い ◇◆

朱竹(しゅちく)

朱竹には「子孫繁栄」「立身出世」「家業繁盛」といった意味が込められています。
また朱竹部分に使用されている「麻の葉模様」は子供の健やかな成長への願いが込められています。

富士と旭日

日本を象徴する富士に「一家の繁栄、昇運」の意味を持つ旭日。「将来が開けますように」との願いが込められています。

レビュー
Review

作り方
How to make

【用意する道具】
はさみ、目打ち、ボンド、ホチキス
  • 型抜き済みボードの裏面全体に薄くボンドを塗り、裏板に貼りつけます。
  • 型抜き済みボードのミゾを、目打ちですべてなぞります。
  • 指定の布に型紙シールを貼り、実線で切ります。
  • 型紙シールを布からはがし、指定の型抜き済みボードに布をきめこんでいきます。
  • 指定の場所にはフェルト芯を入れて布をきめこみます。すべてきめこみ終わったらパーツをつけます。
ページの先頭へ