受付時間 9:00〜17:00
受付時間 9:00〜17:00
COPYRIGHT © SAKURAHORIKIRI CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
  • NEW
  • 数量限定

タペストリー・開運宝寅

商品番号 4121240
¥ 2,860 税込
2022年[寅年]えとシリーズ
宝袋や米俵で戯れる子どもたちを優しく見守る母虎。ほっこり癒される親子の絵柄です。宝袋、米俵のほかに旭日、松竹梅、打ち出の小槌など縁起の良いモチーフが詰め込まれた豪華なタペストリーです。
商品番号
製作目安
4時間~
サイズ
布のサイズ/縦45×横25cm
飾り寸法/縦52×横29cm
備考
※タペストリー本体は縫製済み
シェアする
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
5.00
1
  • 購入者
    奈良県 50代 女性
    投稿日
    来年の干支、寅 ホワイトタイガーのタペストリー 凛々しく見えるのに可愛いい 親子寅が戯れているのが見ていて癒されます 目の目印も付けてくれているので顔の表情が作りやすいです

和紙柄/布柄
Designs

おすすめ商品

前へ

目打ち

¥ 242 税込
次へ

このキットを作るのに必要な道具
Tools

セット内容
Set Contents

説明書、パーツ早見表、布、ウレタン付き型抜き済みボール紙、縫製済みタペストリー、両面シール型紙、小物

おすすめポイント
Point

  • 縁起物をたくさん詰め込んだ賑やかな絵柄です。新年に飾ってお部屋に彩りを添えてくれます。

  • 子虎が抱えている米俵や宝袋には福が来るよう高級な金襴布を使用しています。また寅の体は金の花柄ちりめん布を使って豪華に仕上げます。

  • 虎の模様を含め細かい部分は「両面シール型紙」と「型抜き済みのフェルト」を貼って作ります。難しい工程はないので安心して作れます。

  • 別売りの「タペストリー用つるし台」につるして置いて飾ることもできます。

  • 親子で顔の見せ方を変えています。母親は目の下にフェルトを入れることによってキリっとした目に、子供は可愛らしい丸い目をしています。

  • 親虎には、あらかじめウレタン部分に目の位置がわかるように印付けされています。目打ちなどで穴を開けることによって印となり、目を貼る際に迷うことなく作ることができます。

健やかで平穏な一年への願いを込めて…

「千里を行って千里を帰る」という虎。
その力強さや威厳ある姿から、厄を祓い家運隆盛を招く縁起物とされます。
また、子供への愛情深さから、親子の絆の象徴でもあります。

【旭日】

旭日には一家の繁栄、昇運、吉兆を願い「将来が開けますように」のとの思いが込められています。

【松竹梅】

慶事や吉祥の象徴としてあしらわれることの多い松竹梅には「松:長寿」「竹:子孫繁栄」「梅:風雅」とそれぞれに意味が込められています。

【米俵】

米俵は「五穀豊穣」「豊かな実り」の象徴であり「家内安全」や「商売繁盛」といった願いが込められたています。

【宝袋と小槌】

願いを叶えると言われている打ち出の小づちに財運を招き、お金が集中し出ていかないと言われている宝袋。「生活が豊かになるように」との願いが込められています。

『西陣織金襴』生地

「西陣織金襴」生地とは、高級織物の名産地、京都・西陣で織り継がれている伝統的な織物の名称で、糸に金箔を巻きつけた金糸や、金箔を織り込み紋様を表した紋織物のことを言います。丹精込めて織った金糸の放つ艶やかさ、華やかさから、日本の伝統的な節句人形のお着物にも多く用いられています。そんな本格的な高級「西陣織金襴」生地を使用しております。

接着しやすく加工済み

「西陣織金襴」は厚みのある生地なので、ちりめん生地などに比べてボンドのつきが弱くなります。ボンドのつきをよくするためにさくらほりきりでは生地の裏に「薄い紙貼り加工」を施しております。

◆◇ 金襴布をくるむコツ ◇◆

金襴布は、厚手の生地なので、パーツをくるむ際はしっかりと押さえながら作ります。

アイロンを低温であてるとボンドのつきがよくなります。

レビュー
Review

作り方
How to make

【用意する道具】
はさみ、セロテープ、ボンドタッチ、目打ち、布押絵用強力ボンド(金襴布に)
  • 型抜きパーツのボール紙に、説明書の通りに記号と斜線を書き写します。
  • 型抜きパーツを部品ごとに外し、指定の布の裏に貼ります。
  • 貼った型抜きパーツのまわりの布を、のりしろとして5mm程大きく切り取ります。
  • 布ののりしろにボンドをつけて、パーツをくるみます。(斜線部分はくるまずに残します)
  • くるまず残した部分の布にボンドをつけて、実物大図の上でパーツを貼り重ねます。
ページの先頭へ